クリックよろしくね

2011-04-15

M9大地震にドームは大丈夫?

3月11日の大地震(M9)後、しばらく帰郷していたが、今回(4月15日)水汲みを兼ねて、
見に来た。
その後帰郷途中の3月16日には、富士山直下(富士宮 M6.5)のかなり大きな地震もあったので、
その影響も含んでの調査となる。






花粉が飛んでいるような乾燥した快晴日和だった。

ドーム内に立てかけた畳10枚のうち、2,3枚が倒れていた。

東京でも震度5(弱?)のゆっくりした大きな揺れだったので、ここでも
揺さぶられて倒れたものと思われる。

あと台所の小物が倒れたり、論文が滑り落ちたりしていたがたいしたこともなし。


ただ、地下(地上)にレンガを積んだ焼却炉あガタガタ。とりあえず積んだだけのものだったので、弱かった。

ドームの4隅の柱を水準器で確認したところ、ドームを支えている柱は傾いていないものと思われる。(ココ)にその他の写真(柱の長方形断面の短い辺の方向である東西方向に特に注意)。

ドームは軽くて、またその構造上から地震にも相当強いハズ。
問題はドームの載っている土台の方だったが、その地階の方の壁もすでに張り終えており、
以前のように各柱が独立したものでもないので、バタッと倒れる心配はない。



















にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ 人気ブログランキングへB.R-アウトドアログイン
コメントを投稿

人気の投稿

Page View(in one Month)