クリックよろしくね

2012-08-30

ドリルご臨終

「リョービの電動ドリルで、回すと本体の後ろ側の隙間から、火花のようなものが見えます。」(Yahoo知恵袋から)。 今回の故障も、これのようです。

拡大はクリックで。

火花が出たあと、停止して回らない、よくあることです。 以前にもこのドリル、同じような故障が起きて修理に出したものの、購入時価格と同程度の修理費がかかってしまった。今回も同じ症状が出たわけだ。規定以上の力がドリルにかかるような作業(規定以上の太さのドリルねじを使った)をやってしまったのが、そもそも間違い、と知りつつ、つい……

おそらくブラシの小さな部品(写真の右上にある2個のカーボン?製ブラシ端子)を取り替えるだけで直ると思われるが、分解したあとで捨てることにする。



他にいくつか所有のドリルがあるが、安物は壊れやすい。やはり日立やマキタの職人用ドリルが良い。安物だと粗雑な使い方をするから、余計に壊れやすい。工具に限っていえば、まさに「安物買いの銭失い」。
そういえば、チェーンソーも草刈り機もそれぞれ数台故障したままのがあるな〜。作業後の手入れを疎かにし、修理しても修理に出すのが面倒なので、次々新たに買ってしまう。そろそろ、それらも捨てるか使うか、整理しなくっちゃ。



コメントを投稿

人気の投稿

Page View(in one Month)