クリックよろしくね

2010-07-27

地階の部屋の壁(その1)

地階の部屋の床を2x8で貼ってもう数年になる。その間、いろんな雑品の置き場となっているが、そろそろ部屋として完成したいものだ。

そこで、土間側の腰壁を杉板で貼る↓。5枚で高さ90cm。底部には2インチの隙間を残す(換気、およびゴミの吐き出しのため)






その腰壁の上に窓を二つ取り付けてみる↓。その両側に丁度1mずつの幅が空いたので、そこにアクリル透明板を貼ってみる。全面貼るのも面白くないので上部に一枚だけ(幅30cm)貼ってみた(透明なので、写真ではよくわからない)。



今後、部屋の使い勝手や換気具合など様子見だ。その結果、BBQ遊びの際のカウンターなどの開口部にするか、閉め切ってしまうかを考える。

この今年の猛暑では、標高1100mのここ高地でも、意外なことに暑い。屋根ばっかりのドームの内部もしかりだが、地階の部屋はとても涼しいことを発見した。この部屋ハンモックなど置いて、夏場の昼寝部屋にいいかも?


ブログランキング・にほんブログ村へ~ドーム内だけで広いので、ドーム下の部屋は趣味の工作室や物置などにしか、考えてなかったけれど・・いろいろアイデアが広がる。

にほんブログ村
こちらにも参加しています↓ポチッとよろしく。人気ブログランキングへ
コメントを投稿

人気の投稿

Page View(in one Month)